木造不動明王及び二童子像
HOME > スポット > 木造不動明王及び二童子像
  • 大本山成田山新勝寺提供

木造不動明王及び二童子像

成田市

新勝寺の本尊である不動明王像は、弘法大師の敬刻と伝えられていますが、寄木造で像高1.337m。眼は玉眼で顔、体躯ともひきしまった力強い表現がみられます。左肩から右脇腹への条帛や腰から下の掌のひだを美しく刻み、広く張った膝に安定感があり、堂々とした坐像です。光背の大火焔は、一切の煩悩を焼きつくす大慈悲の徳を、右手の利剣は念怒、瞋恚、愚痴の三毒を切り払う知恵を表わし、左手の羂索は、難伏の衆生を迷いの道から救うとされています。脇侍の矜羯羅童子(向かって右)は像高1.168m、蓮華を持ち、制吒迦童子は、像高0.625m、金剛杵を持っています。

文化遺産

日本遺産

住所
成田市成田1番地(新勝寺境内内)
URL
成田山新勝寺
Tel
0476-22-2111
駐車場
弘恵会土屋駐車場
弘恵会田町駐車場
弘恵会本町駐車場
アクセス
JR・京成成田駅から徒歩20分

BACK TOP