旧堀田家住宅
HOME > スポット > 旧堀田家住宅

旧堀田家住宅

佐倉市

最後の佐倉藩主堀田正倫の邸宅で、1890年に竣工しました。伝統的な和風様式で建築されており、現存する明治期の旧大名家の邸宅として数少ない貴重な建造物で、2006年には国の重要文化財に指定されています。
正倫はここを本邸とし、旧領佐倉のために尽力しました。特に藩校「成徳書院」をもととする佐倉中学校(現在の県立佐倉高校)に多くの支援を行い、父正睦と同じく佐倉の教育の発展に貢献しました。この邸宅・庭園は、広く公開され、旧大名家の気風を今に残し、正倫の業績を偲ぶことができる場所となっています。

建造物

日本遺産

住所
佐倉市鏑木町274
Tel
043-483-2390
営業時間
【開館時間】
9:30 ~ 16:30 (入館は16:00まで)
定休日
・月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
・年末年始(12月28日~1月4日)
料金
【入館料】
■旧堀田邸のみ
一般 320円(210円)
学生 160円(100円)
■三館共通入館券
一般 540円(370円)
学生 270円(190円)
・()内は20人以上の団体料金です。
・三館共通入館券は、1枚で武家屋敷・旧堀田邸・佐倉順天堂記念館の3館を見学できるお得な入館券です。
・当日限り有効で、1人各館1回ずつ入館できます。
・三館共通入館券は、武家屋敷・旧堀田邸・佐倉順天堂記念館にて販売しております。
・土曜日に限り小中学生は無料です。
・障害者手帳をお持ちの方は窓口でご提示ください。付添いの方1名まで入館料無料となります。
駐車場
普通車10台
※旧堀田正倫庭園と共通
アクセス
・JR佐倉駅より徒歩約20分
・京成佐倉駅より徒歩約20分
または酒々井・成田方面行きバス「厚生園入口」下車徒歩約5分

BACK TOP